革首輪工房 with Dogs
ドッグカフェCafe with Dogは革首輪工房 with Dogsへ進化しました!オリジナル革製リード&カラー(首輪)や、ハーネス・迷子札・鑑札入・革小物等も大好評!リード&カラーのお客様や我が子の事、等々をUPします。小さな呟きは左のサイドバーのtwitterで。
チョビが大好きな子
最近、よそのワンちゃんにほとんど興味の無いチョビですが、朝のお散歩で時々会うこのパピヨンちゃんにはとても興奮するのです。
尻尾をフリフリしながら近付いていき、遊びたそうにちょっかいを出すのです。

ちなみにこのパピヨンちゃん、飼い主さんは『パピ子』とか『パー子』って呼んでいますが・・・

明らかに男の子です(^^ゞ
スポンサーサイト


テレメンタリー2007
金曜日の深夜に、朝日放送で“テレメンタリー2007”という番組を放送していたのをDVDで見ました。
秋田県の動物管理センターで38年間に渡って犬猫の処分に携わっていた職員のお話でした。
その方は実はとっても犬が好きな方なのに、8万匹を超える犬猫の処分を行ってきたそうです。そして定年を間近に控えて、小中学校を訪れて“命の大切さ”を伝えてきているそうなのです。
また、処分されそうになっている犬に訓練をして、新しい飼い主さんを探す努力もされていました。

是非是非全国の動物管理センターでも真似をして欲しいものです。そうすれば安易に処分される犬猫が減るだけでなく、心の優しい子供達が増えて、そしてその子達が大人になっていくわけですからね。

以前、ある講演会で保健所の職員のお話を聞きました。
『好き好んで犬猫を処分している職員なんて一人も居ない。誰かがしなければいけないから、仕方が無くやっているのです。私は最近まで子供に自分の仕事を説明できなかった』と言われていました。
本当にその通りなのでしょうね

とっても良いお話でした。
残念なのは、放送時間が深夜1時30分という事なんですよね。
クダラナイ番組をゴールデンタイムに放送して、こんな良い番組を誰も見ていないような深夜に放送するのですから、本当に悲しいお話ですね。

PS.革ブログに“お客様ギャラリー”をアップしました。


ペンションのドッグランにて
チロもチョビも最近はすっかり落ち着いてしまってドッグランに入ってもあまり遊ばなくなりました。それでもチロはドッグランが好きみたいで、4年ぶりくらいに来たはずなのに自分からランの入り口に行こうとしていました。

どうせランに入っても、アチコチの匂いを嗅いでいるくらいで遊ばないので、無理矢理遊んでみました(^_^)
一番上は、アジリティー道具の上にチョビを乗せてみました。
2枚目はチロがギリギリ届かないところにコングを置いてみました。なんとかよじ登って取っていましたわ。
3枚目はチロのお気に入りの遊び。自分でワザと割れたスノコにコングを落としては、必死で取るのです。何が楽しいのか分かりませんが、何度も繰り返して遊んでいました。
cgi1.jpg


旅行に行ってきました!
24日(水)、25日(木)と連休を利用して河口湖に旅行に行きました♪
宿泊したのは以前にも行った事の有るペンション“モンターニャ”さん。
清潔で広い室内、美味しいお食事、広いドッグラン、ととっても素敵なペンションなんですよ(^_^)

お天気も良くて、2日目の午前中には富士山も見られてとっても楽しい2日間でした。
↓の写真の富士山、キレイでしょ。チョッと頂上付近に雲が掛ってしまったけどね。
cgi2.jpg


枝豆
今週の日曜日も丹波の枝豆を食べました(^_^)
先日の日記に書いた“食べづらい状態”の写真を撮りましたので、見てやって下さいませ。
この状態で、延々と私の手の動きを追いかけて見られ続けるのです。
かなり鬱陶しい感じですわ(^^ゞ


意味の分からない日記
先月は結構真面目に日記を書いたのですが、今月はどうもサボリがち・・・。
なんかそれ程忙しい訳でもないのですが、考える事がたくさんあって頭のメモリー使用率が一杯一杯って感じ。軽くフリーズ状態です。

いつかの日記に書いた靴職人の言葉『挑戦しながら継続する事』、その言葉の重みを今噛み締めています。
あっという間に2007年が終わろうとしています。2008年はCafe with Dogにとって大きなチャレンジの年になるかも?そんな感じがしています。

意味の分からない日記ですよね(^^ゞ

PS.革ブログにお客様ギャラリーを追加しました♪


買出し
2007,10,18

今日は定休日♪でも色々と忙しいうえに寝坊をしてしまったので、チロとチョビのお相手をしてあげる余裕がありません(T_T)
午前中はチロ&チョビは留守番させて、色々と用事を済ませました。
昼からは大阪市内まで買い物に行く用事が有るので、明るいうちに帰ってくることは出来そうにありません。

と、いう事でチロママの実家に電話をしました。今日はお義父さんも家に居るそうなので、買い物の帰りに遊びに行く事にしました。
お買い物の行き先は、革関係のお店です。始める前にたくさん買ったつもりのカシメ等の材料がそろそろ底をついてきたのです。

実家に着いてからはチロはおじいちゃんに甘えっぱなし、チョビはおじいちゃんの顔を舐めっぱなし、でたくさん可愛がってもらいました。お外にお散歩はほとんど行けなかったけど、チョッとは楽しんでくれたかな。
帰りの車では2頭ともグッスリと寝てくれたので、きっと満足してくれたのだと思います(^_^)



どうしても言いたい事
先程インターネットのニュースを見ると、ボクサーの亀○親子が謝罪会見を行ったそうです。
当事者は頭を坊主にして、憔悴しきった様子で何も話すことが出来なかったそうです。
ココに来て彼に対して温情的な意見が増えてきているようですが、私はどうかと思う。
TVで試合の解説をした鬼塚氏も自身のHPで意見を述べているが、その内容も理解に苦しむ。
http://www.onizukakatsuya.com/fromoni.htm
今回の憔悴しきった態度も眉唾ものに見えてしまうのは、狼少年のようなもので身から出た錆だと思う。

まず一番に、18歳と言う年齢は決して子供ではなく、自分の行動に責任を持たないといけない年齢であるという事。どんなに精神的に落ち込んでいても全ては自分のまいた種、自らの言葉でしっかりと謝罪する必要があると思う。

そして試合前の会見でのあの態度。人の容姿を見て“ゴキブリ”と揶揄したり、家族とは言え複数の人間で威嚇行動をするという行為は、現代の“いじめ”そのものだと思う。
このような人間をマスコミなどで面白おかしく放送する事こそ、許されない行為だと思うのです。

私はボクシングについて詳しい事は何も知りません。
ただボクサーであるかどうかは関係無く、一人の人間として厳正な処分と社会的制裁を受けるに値する行為を自らしたと猛省するべきだと思うのです。

なんて犬とは関係ない、堅苦しい事を書きましたが、最近のTV番組を見ていてどうしても許せなかったので書きました。
せめてチョビの顔でも見てホンワカして下さいませ。




Copyright © 革首輪工房 with Dogs. all rights reserved.