FC2ブログ
革首輪工房 with Dogs
革首輪工房 with Dogsのblogです。ハンドメイドの革製リード・首輪・チョーカー・鑑札入・迷子札を作っています。公私混同のblogですので、製作事例・商品について・イベント情報などは、左のサイドバーの「カテゴリー」からご希望の項目を選んで見て下さいね。
2019年秋~冬のイベント出店情報です♪
秋以降のイベントがボチボチと決まってきましたので、ご案内させて頂きますね♪

9月8日(日) びわ湖わんにゃんマルシェ 滋賀県野洲市 アルプラザ野洲駐車場

9月22日(日) わんだらけ 名古屋港 ガーデン埠頭ひがし広場
(イベントは23日も開催されますが、当工房が出店するのは22日のみです。)

9月28日(土)29日(日) わんわんマルシェ 神戸ポートアイランド

10月6日(日) わんマル 愛知県安城市 アンフォーレ

10月20日(日) わんわんマルシェ 三井アウトレットパーク滋賀竜王(イベントは19日も開催されますが、当工房が出店するのは20日のみです。)

11月24日(日) しっぽいち 岡山県 岡山農業公園 ドイツの森

現時点で決まっているイベントは以上ですが・・・
この秋~冬は馬車馬のように働く予定です(^_^)
また追加でイベントが決まりましたら報告させて頂きますね~
2019秋イベント


最近はblogよりもインスタ@kawakubiwa_takeshinishitaniやFacebookfacebook PageをメインにUPしています。
いいね&フォローをお願いいたします♪

にほんブログ村 犬ブログへ
blogランキングUPにご協力下さい!是非是非ニコのお鼻をポチっとお願いします<(_ _)>


<イベント出店情報>
9月8日(日) びわ湖わんにゃんマルシェ 滋賀県野洲市 アルプラザ野洲駐車場
9月22日(日) わんだらけ 名古屋港 ガーデン埠頭ひがし広場
9月28日(土)29日(日) わんわんマルシェ 神戸ポートアイランド
10月6日(日) わんマル 愛知県安城市 アンフォーレ
10月20日(日) わんわんマルシェ 三井アウトレットパーク滋賀竜王
11月24日(日) しっぽいち 岡山県 岡山農業公園 ドイツの森
スポンサーサイト





ニコのこと。
SNSでは既にUPしていますが、私の可愛いニコちゃんは7/25にお空に行ってしまいました。
ここから先はSNSにUPした画像ばかりですし、やたらと長い文章になりますが・・・^_^;
自分の記録の為にもblogに、時系列にまとめておきたいと思います。
もし良かったら見てやって下さいね。

3月半ば過ぎ頃・・・この頃にはチョビさんの体調も悪くなってきて、わんわんマルシェに連れて行く事も出来ず、チョビさんと嫁さんはお留守番で、私とニコの二人で出店しました。
で、わんわんから帰ってきた頃から、ニコが後足を少し痛がるようになりました。
数年前から時々脚を痛がる事があったのですが、大体は数日痛み止めを飲ませたら落ち着いていたのです。
それがこの時はなかなか痛みが治まらなかったのですよね。
nico0410.jpg
それで4月初旬頃、かかりつけの動物病院でレントゲンを撮ってもらったり、色々と検査を受けました。
ですが、その時は特に異常が見付からず、これ以上詳しく検査をするなら大阪の2次治療の病院に行って、MRIを撮らないと分からない、と言われました。
(実は後になってこの時のレントゲンを見直したら、少し怪しい部分もあったのですが、この時は気付けませんでした。)

この時はまだそれ程痛そうにしていなくて、立ち上がってすぐは痛そうにするけど、少し歩けば普通に歩く、って感じでした。
そんな事もあって、大袈裟にMRIまで撮るかどうか悩みながら、針や灸をしてくれる病院を探したりしていました。

4月末、GWの直前には信州旅行にも行きました。
nico0426.jpg
ニコが1歳になってすぐからお世話になっているペンションが、閉館するという話を聞いて、最後になんとか行くことが出来たのです。

それから令和になった日、5月1日にはカフェ時代のお友達と集まったりもしました。
nico0501.jpg
この時も少し痛そうにしていたのですが、加齢から来るものかな?って思ったりもして・・・
GWが明けたら何処か他の病院に行ってみようかな?という程度に思っていました。

が・・・、GWの後半くらいから、ニコの歩き方が明らかにおかしくなってきて、連休が明けた8日に、地元でCTの設備があって、整形外科に詳しい獣医さんがあるとネットで見付けたので、そこに行ってみました。

そこでとりあえずレントゲンを撮ってみたら、先生の顔が急に曇って・・・
「十中八九、骨肉腫でしょう。」と言われました。
腰の最後というか、尻尾の付け根というか、という感じの場所の腰椎が溶解して、中身が出ていて、くしゃっとつぶれたようになっていたのです。
場所的に外科的治療は出来ないし、抗がん剤も効果は期待出来ない、そんな状況だったそうです。

正直診察を受ける前は、「加齢からくる関節痛」って言って欲しいけど、最悪「ヘルニア」かも・・・くらいに思っていたのですが、最悪の予想よりもさらに最悪の結果で・・・

それで、病院から帰って嫁さんと二人でとても悩みました。
悩んで悩んで、出した結果は、とにかく痛みや苦しみを抑えてあげて、美味しいものを食べて、楽しい事をしてあげよう!
という事でした。

病院は以前の病院に戻しました。その方が先生も親身になってくれる方だし、看護師さんもニコを可愛がってくれる方ばかりだったし、自宅からも近かったので、終末期の病院としては適していると判断しました。

検査を受けた日はまだ歩けていたニコですが、その数日後には自分では立てなくなってしまいました。
それでもこの頃はまだ食欲はありました。
そして5月12日は、ニコの11歳のお誕生日でした(*^。^*)
nico0512.jpg
もう良いよね、っという事で、人間用のショートケーキでお祝い♪
美味しそうに食べてくれました。
nico0517.jpg
これから先は日に日に状態は変わっていきました。
痛みも強くなってきたし、薬の影響で腎臓が悪くなり、食欲が減ってきました。
また、胃炎や口内炎が出来たみたいで、固形物をあまり食べてくれなくなりました。
nico0521.jpg
そんな状態だったのですが、5月23日には岩出市のcafe CHRPさんへ、一緒に行きました。
nico0523-1.jpg
ニコがこんな事になる前に申し込んでいたイベント、羊毛フェルト体験講座に参加したのです。
ニコを連れて行くかどうかはとても悩んだのですが、ニコがとても好きな場所だったので、連れて行くことにしたのです。

作ったのは、こんな感じのチョビさん。
nico0523-2.jpg
結局、これが病院以外で最後のお出掛けになりました。

骨肉腫はとても痛みを伴う病気です。
最初は飲み薬&座薬の痛み止めで対応していたのですが、徐々にそれでは抑えきれなくなってきました。
座薬を入れると痛みは治まるのですが、数時間後にはまたピィーピィーと痛そうな声で泣くのです。
その声が聞いていて辛くって・・・

それで次に合成麻薬の痛み止めパッチを手配してもらって、6月3日より始めました。
nico0603.jpg
パッチを貼った翌々日辺りから効果が出てきて、とても穏やかに寝てくれるようになりました。
ただ、それでも時々ピィーピィーと泣き出したと思ったら、フォーフォーとパニックになったような大きな声で泣くようになりました。
それで、そうなり始めたら精神安定剤を飲ませて落ち着かせていました。
痛みから来る不安で、パニックのようになっていたのかもしれません。

6月9日にわんだらけに出店をして、これで申し込みをしていたイベントは全て終わって、これからは毎日ニコの介護をする事が出来るようになりました。

6月13日には病院に連れて行って、経過を調べてもらいました。
腰椎はさらにつぶれたようになっていましたが、癌は意外と他にはあまり転移をしていなさそうでした。
骨肉腫は普通すぐに肺に転移をするので、抗がん剤等の治療をしなければ1ヶ月と持たないような事を聞いていたのですが、この状態だったらもう少しお別れまでに時間がありそうな感じでした。

ただ、痛み止めの飲み薬の影響で腎不全が進んでいて、それが食欲を奪っているようでした。
せっかく美味しいものを食べて欲しくて抗がん剤をしないと決めたのに・・・
という事で、先生に無理を言って、次の日に往診をしてもらって留置針を入れて静脈点滴を2週間ほど続けてみました。
nico0617.jpg
そのお陰かな?ちょっとだけ食欲も戻ってきました。

ただ、状態はやはりどんどん悪くなってきて・・・
鼻血が出だしたのもこの頃だったかな?
また、下痢をしたり、便秘になったり、また下痢をしたり・・・
そんな感じで、毎日状態が変わりました。

また、6月末頃には痛みも強くなってきたみたいで、痛み止めパッチを増量したりしました。
痛み止めを増やすと眠気が強くなってしまうようです。
ヨーグルトを睡魔と闘いながら食べたら・・・
nico0628.jpg
お口の周りが真っ白になってしまいましたね^_^;

7月初旬頃、この頃には静脈点滴もやめていたのですが、何故か急に食欲が戻ってきました(*^。^*)
nico0704.jpg
しばらく食べていなかった固形物も食べてくれるようになって、パンやカステラ、鹿肉、果物なども食べてくれました。
喜んでスーパーに駆け込んで色々と食べそうなものを買ってきたのですが・・・
数日後にはまた食欲は無くなってしまいました・・・(>_<)

7月12日、この日は朝から穏やかな感じかな?って思っていたのですが・・・
お昼頃、急に大量のリバース・・・(+_+)
1週間ほど前に食べさせたスイカが吐しゃ物に混ざっていてビックリ!
食欲が出たと思って調子に乗ってしまったけど、野菜や果物は消化出来ず、腸に流す事も出来ないくらい内臓が弱ってしまっていたみたいです。
気付いてあげられずにゴメンね。
nico0712.jpg
その翌日は、住んでいる地域の夏祭りでした。
運悪く今年は自治会の役が回ってきていて、お手伝いをしなくてはいけませんでした。

それで嫁さんに手伝いに行ってもらっていたのですが、ニコは朝から昼過ぎにかけて4回リバース・・・。
嫁さんに30分だけ帰ってきてもらって、動物病院に走って吐気止めの薬を処方してもらって、飲ませました。
薬が効いて、吐気は治まったのですが・・・
この頃から呼吸が浅くなってきて、手足が冷たくなってきました。
もう先は長くないのかな?そう思い始めたのはこの頃でした。

ところがニコは意外と超低空飛行を続けてくれました(^_^)
バニラヨーグルトだけはなんとか食べてくれたしね。
nico0720.jpg
↑の写真は、友達が来てくれるのでリボンを着けてちょっとだけおめかししたニコちゃん♪

とは言え、下痢をしたり、下痢をしたお尻周りが真っ赤にかぶれた様になったり、鼻血が出たり、毎日その状態は変わるので、週5くらいで動物病院に走って薬を貰ったりしていました。

7月24日、この少し前頃からニコは体に力が入らなくなって、体勢を変える時も首がすわっていない状態でした。
唯一食べてくれていたバニラヨーグルトも食べなくなりました。
また、鼻血&血便が出るようになり、呼吸もさらに浅くなりました。

何頭も見送っている親元さんから、「亡くなる直前に、怪我や床ずれがきれいになるよ。」って聞いていたのですが・・・
ニコもこの頃には、腎不全から来る尿毒症の臭いもほとんどしなくなり、口内炎もきれいになっていました。
いよいよその時が来たんだろうなぁ。

7月25日、朝から呼吸が苦しそうで、ハッハッハッと短い息をしていました。
便は血便というよりもタール便になっていました。
お昼頃からは目線も定まらなくなってしまいました。
ニコには「苦しいんやったらもう無理せんでいいよ。」って声を掛けていたのですが・・・、
何故かニコはそんな状態でも頑張っていました。
nico0725-1.jpg
本当は次の日に来てくれる予定だった親元さんが、この日の夜に電話があって、今から行きたいって言ってくれました。
ニコは親元さんが来てくれるのを待って、頑張っていたのかもしれません。

11年ちょっと前、6頭兄妹の1番最初に出てきたニコは、仮死状態で出てきたそうです。
親元さんとその娘さんが諦めないで必死で甦生してくれたお陰で、ニコはウチの子になりました。
そんな親元さんの事が、ニコは大好きだったのですよね。

親元さんが我が家に付いたのが19時半頃でした。
親元さんと一緒にお孫さんが来てくれたのですが、そのお孫さんがニコをずっと撫でてくれていました。

20時過ぎ頃、お孫さんが急に「ニコがなんか変」って言ったので、ニコを見てみると・・・
呼吸が弱~くなっていて、その後きゅーっとお顔を反らしたと思ったら、そのまま呼吸が止まりました。

最期に親元さんに会えて安心したのかな?
賑やかな雰囲気が大好きだったニコは、ワイワイと賑やかな状態でお空に旅立ちました(^_^)
本当にニコらしい最期だったと思います。

トリマーでもある親元さんに、最後に手足先を綺麗にカットしてもらって、リボンも新しいリボンに付け替えてもらいました。
とってもべっぴんさんになって、お空でモテモテになっていると思います。
伸びきった爪もカットしてもらったので、お空で走り回れると思います。
nico0725-2.jpg

親元さんが我が家に来る途中、とっても大きな二重の虹が見えたそうです。
nico0726.jpg
あとで知ったのですが、この虹は大阪~和歌山~奈良に掛けて見えたそうで、とっても大きな虹だったみたいです。
きっとこの虹に乗って、チロとチョビさんが迎えに来てくれたのかな?

そして翌日に火葬をしたのですが・・・
その日の夕方にもまた大きな二重の虹が出たそうです。
この虹に乗って、お空に上って行ったのかな?

なんだかメルヘン過ぎるけど・・・偶然にしては出来すぎじゃね?

チョビさんが3月30日に亡くなって、その3ヶ月弱ほど後にニコが亡くなって・・・
正直、続けて我が子を失った事のショックはとても大きいです。
チロの時もチョビさんの時もそれほどロスを感じなかったけど、今回はかなり喪失感が大きいです。

それにチョビさんが亡くなる前の2年ちょっとは、どうしてもチョビさん優先に生活をしていて・・・
チョビさんが亡くなって、さぁこれからはニコとの時間を大切にしよう!
たくさんお散歩に行って、たくさん川遊びに連れて行ってあげよう!
そう思っていたのに、それが出来なかった事が、とても心残りです。

ただ、それなりに我が家に出来る範囲で精一杯の介護はしてあげられたのかな?とも思います。
少しでも痛みや苦しみを取ってあげられるように、獣医さんに相談しながら色々と手を尽くしたつもりですし・・・
せめて人が大好きなニコに楽しいと思ってもらえるように、たくさんの方に協力してもらって、家に遊びに来てもらいました。
nico0526-1.jpg
誰かが来てくれた日は、とても満足気な顔をして寝ていたのですよね。
nico0526-2.jpg

また、6/9のわんだらけ出店の後の1ヵ月半は、毎日一緒に居る事が出来ました。
私と嫁さん、二人でニコの居る部屋から出るとピィーピィーと寂しそうな声を出していたので、いつもどちらか一人はそばに居るようにしました。
ニコは寂しがりやさんだったからね。

骨肉腫と診断されてからの2ヵ月半は、本当に密に一緒に居られる事が出来ました。
この時間は本当に幸せでした。

もちろん後悔が無いと言えば嘘になります。
だから、ニコにはもう一度生まれ変わって我が家に帰ってきて欲しいな、って思います。
そうしたら今度こそは絶対に後悔しないように、精一杯の愛情を注いであげるからね。

それまでは、ニコっぽくカスタマイズしたイケゴルちゃんと・・・
nico0805.jpg
ニコの毛を詰めた、ゆきちゅんさんのソフビゴルを可愛がろうと思います(^^)v
nico0806.jpg
犬との別れはとっても辛いけど・・・
それを上回る、たくさんの楽しい思い出が有りました。
ですので、またいつか素敵な出会いがあれば犬を迎えたいと思っています。
そんな素敵な出会いがありますように・・・祈っています。

最後になりましたが・・・
忙しい中時間を作って何度もニコに会いに来てくれた親元さんや兄妹犬の飼い主さん。
私が出店の時に嫁さんのヘルプに来てくれて、それ以外にもニコが笑顔でいられるようにも何度も遊びに来てくれたカフェ時代のお友達。
大型犬用の介護用品を持ってきてくれて、色々アドバイスを下さったMママさん。
いつも美味しいケーキやプリンを差し入れしてくれたCママさん。
買い物になかなか行けない私達に美味しいものを差し入れしてくれた、ご近所のママさん。
介護で製作が遅れてしまっているのに、気長に待って下さったお客様。
火葬の時に見送りに来てくれた方。
ニコにお花を送って下さったたくさんの方々。
SNSでたくさんの応援の言葉を送って下さった方々。
痛み止めについて色々とアドバイスを下さったWさん。
そして、なにより我が儘な私達に親身になって対応してくださった動物病院の先生とスタッフの方。
etc....

たくさんの方に支えられたお陰で、なんとか最期まで介護をして、笑顔で見送る事が出来ました。
心から感謝をしています。
本当に有難うございました。


最近はblogよりもインスタ@kawakubiwa_takeshinishitaniやFacebookfacebook PageをメインにUPしています。
いいね&フォローをお願いいたします♪

にほんブログ村 犬ブログへ
blogランキングUPにご協力下さい!是非是非ニコのお鼻をポチっとお願いします<(_ _)>




Copyright © 革首輪工房 with Dogs. all rights reserved.