革首輪工房 with Dogs
ドッグカフェCafe with Dogは革首輪工房 with Dogsへ進化しました!オリジナル革製リード&カラー(首輪)や、ハーネス・迷子札・鑑札入・革小物等も大好評!リード&カラーのお客様や我が子の事、等々をUPします。小さな呟きは左のサイドバーのtwitterで。
8年前の今日は・・・
8年前の今日、ちょうど今頃の時間に、我が家の長女であるチロが亡くなりました。
APicG4819-1.jpg
当時私は夫婦でドッグカフェを経営していたのですが、チロママが体調を崩して私一人でお店を切り盛りする事になりました。
その時のお店は20席ほど有って、私一人では少々大き過ぎる感じだったのです。
APicG4819.jpg
(チョビのマズルが真っ黒で可笑しいですね^_^ )

そんな時、当時のお店から数百メートル離れた所にある喫茶店が閉店をして、居抜きでテナント募集をしていたのを見付けました。
お店の大きさも丁度良い感じの小さめで、お家賃も少しお安い物件だったので、移転をする事に決めたのです。

とは言え当時は経済的に少々厳しい状態でして、新しいお店の内装を業者に依頼するような余裕は無くって・・・
で、自分達でペンキを塗ったり看板を作ったりしたのですが、そんなこんなでとっても忙しくって、チロ達にかまってあげる余裕がありませんでした。

春になって落ち着いたら色んなところに遊びに行こうね。
そんな約束をしていたのに・・・

移転前のお店の最後の営業日に、たくさんの常連さんが来てくれて・・・
人が好きなチロは嬉しそうに皆さんの席を順番に回って接客をしていました。

ただ一瞬だけ、なんかしんどそうに座り込む事があったのですが・・・
その時はそれ程深く考えていませんでした。

皆さんが帰られて、翌日からの引越しの為の準備を少しだけして、深夜1時頃に帰宅しました。
で、ご褒美のオヤツを二人にあげた後、バタン!と何かが倒れる音がしました。
チロが足を滑らせたのかな?なんて思って振り向いて見たらチロが息をしていなくって・・・

慌てて大阪市内の夜間救急病院に走りました。
私はお酒を飲んでいたので、チロママに運転をお願いして、私は後部座席で携帯で病院に電話をしながら心臓マッサージの方法とかを聞きながら必死でチロに声を掛けていたのですが、少しずつ体が冷たくなっていく事に気が付いていました。

当然のように来ると思っていた明日が来ない事がある。
その事をチロに教えられた日でした。

チロはなんの前兆も無く亡くなった、そう思っていましたが・・・
もしかするとチロはしばらく前からしんどかったのかな?そんな事を考えるようになりました。
私が毎日忙しそうにしていて余裕が無かったから、迷惑をかけちゃいけない、そんな風に思って我慢をしていたのかも・・・
そう考えると、悪い事をしたなぁと後悔しています。
どんなに忙しくても、あの子達のことを一番に考えてあげなきゃいけないですよね。

当時、ネットに繋がるパソコンがあるのはお店だけでして・・・
でもお店に行く気にはなれなくって、電話帳でペットの霊園を探したのですが、そこで偶然見つけたのが橋本市のアニマルレストガーデンさんでした。

大阪に住んでいた当時の私達には、橋本は縁もゆかりも無い場所でした。
その橋本からお空に上っていったチロさん。
その3年半後に私達が橋本に引っ越す事になったのは、きっとチロが「ここは良い所だからおいでよ」って呼んでくれたのかな?なんて思っています。

当時の橋本の印象としては「やたらと寒い所」でした^_^;
この冬は暖冬でしたけど、数日前から急に寒くなってきました。
毛穴がきゅっと引き締まるような寒さを感じると、8年前の今日の事を思い出します。

大好きだったおもちゃのコングと一緒にお空に上がったチロさん、毎日楽しく遊んでいるかな?
APicG4819-2.jpg


PS.現在の製作状況などをfacebookにUPしています。“いいね”って押して下さいね~♪
にほんブログ村 犬ブログへ
blogランキングUPにご協力下さい!是非是非ニコのお鼻をポチっとお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 革首輪工房 with Dogs. all rights reserved.