革首輪工房 with Dogs
ドッグカフェCafe with Dogは革首輪工房 with Dogsへ進化しました!オリジナル革製リード&カラー(首輪)や、ハーネス・迷子札・鑑札入・革小物等も大好評!リード&カラーのお客様や我が子の事、等々をUPします。小さな呟きは左のサイドバーのtwitterで。
昨日からニュースを見て思うこと。
今日は珍しく政治ネタなので、興味の無い方はスルーして下さいね♪

ニュースを賑わせている加計学園問題。
誰が良いのか悪いのか、ウソをついているのかついていないのかは、私には分かりませんが・・・

いち愛犬家として、ペット業界の隅っっっこの方で16年飯を食っているものとして思うのは・・・

獣医師がそんなに足りているとは思えない。

確かに「量的」には充分足りているのかもしれません。
残念ながら今住んでいる和歌山がそれ程足りているとは思いませんが、大阪では充分すぎる「量」の動物病院が有ると思う。

でも「質的」に足りているかと言うと、正直微妙だと思うのですよね。

それほど競争が無いから、昔ながらの治療しかしていなくて、勉強もしていない。
そんな年配の獣医さんや、2世獣医さんも結構多いと思うのですよね。

実際、都会でも腕があって、施設の充実している獣医さんは行列が出来ていて、なかなか治療が受けられない、そんなところも多いと思います。

結局獣医学部の新設を反対しているのは、そんな昔ながらの獣医さんって感じの、獣医師会の重鎮の人達じゃないの?

それに夜間休日診療に至っては、全然足りていないと思う。
大都市にしか無いし、あってもとても高額な治療費を請求されてしまいます。

さらに言うと、二次治療を受けられるような高度な技術と施設の有る病院は、もっと少ないと思う。

大学の獣医学部は、その地域で一番の二次治療施設になっている所も多いと思う。
それが四国地方には1軒も無いというのは、改善の余地が充分に有ると思う。

ある程度の競争があれば、皆さん勉強もすると思うし、競争の激しい地域だけではなく地方にも行き渡るかもしれないし、公務員獣医や産業獣医も増えるんじゃない?
なんて考えは素人考えかな?

同じ地域の、犬を愛する人達が何人か集まると、大体話の中心は「どこの病院に行っているの?」ってなると思う。
それだけ私達にとっては大切な問題だから・・・

現状を何も知らない評論家さん達が、データだけを見て適当な事を言うのはやめて欲しい。
昨日からニュースを見ながら、そんな風に思っています・・・。


ブログにUPする程でもない細々とした事をfacebook PageにUPしています。“いいね”って押して下さいね~♪
それからインスタもたま~にUPしています。@takeshinishitani

にほんブログ村 犬ブログへ
blogランキングUPにご協力下さい!是非是非ニコのお鼻をポチっとお願いします<(_ _)>


<イベント出店情報>
春~夏の出店は終了しました。
また秋以降のイベントが決まりましたらご案内させて頂きますね。

※詳細については、コチラの記事をご覧下さい。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 革首輪工房 with Dogs. all rights reserved.