革首輪工房 with Dogs
革首輪工房 with Dogsのblogです。ハンドメイドの革製リード・首輪・チョーカー・鑑札入・迷子札を作っています。公私混同のblogですので、製作事例・商品について・イベント情報などは、左のサイドバーの「カテゴリー」からご希望の項目を選んで見て下さいね。
ヒトリゴト
ネットで盲導犬を虐待しているユーザーの動画が拡散されているのを見ました。
そのユーザーが特定されて、協会が保護したとの事で、とりあえずは一安心ですね。
ただ、これをきっかけに、盲導犬自体に否定的な意見が飛び交っている事を、非常に残念に感じています。

私は首輪屋に専念する前の2001年~2011年までドッグカフェを経営していました。
当時、盲導犬のボランティアさんがお客様としてご利用して頂いていまして、たくさんの盲導犬候補犬や引退犬と、時々は現役の盲導犬がユーザーさんと一緒にお店に来てくれていました。

少なくてもウチに来てくれる盲導犬は、「イヤイヤ人間の為の仕事をさせられている」子は居なくて、「ユーザーさんに褒めて欲しくて、喜んで仕事をしている」という感じでした。

お店にはたくさんの盲導犬候補犬が来てくれましたが、大人しくてオリコウサンの子が、必ずしも盲導犬とはならなかったようです。
一番大切なのは「楽しんで仕事をする」事が、盲導犬の一番の条件だと聞きました。

盲導犬は「人間の為に尽くしている」のではなくて、いつもユーザーさんと一緒に居て、お仕事をする事で「グッドグッド」と褒めて貰える事が嬉しくて仕方が無い、そんな素質を持った子だけが盲導犬となっているのだと思うのです。
だからいつも楽しそうにお仕事をしていたように思います。

私の個人的な意見を言うと、盲導犬は・・・
パピー時代はパピーウォーカーさんから目一杯の愛情を注がれて・・・
盲導犬になるといつもユーザーさんと一緒に居られて、いつも褒めてもらえて・・・
引退してからは、引退犬ボランティアさんにしっかりと愛情とケアをしてもらえる・・・
そんなとても幸せなワンちゃん、というイメージなんですよね。

多くのレトリバーは人と一緒に居る事が一番の幸せであり、一番の虐待は「無視されること」だと思っています。
それだけに盲導犬を「可哀相な犬」というような目で見られている風潮には、とても違和感を感じてしまいます・・・

もちろん、全ての盲導犬が同じような待遇を受けているかどうかは分かりません。
協会によって指導方法は違いますし、ユーザーさんやボランティアさんもそれぞれ違いますしね。
今回の問題は、ユーザーさんの個人的な問題だと思います。
またもしかすると、この盲導犬の管理をしている協会にも問題が有ったのかもしれません。

ただ、今回の事を理由に、盲導犬の存在自体を否定するような事が無い事を祈っています。


ブログにUPする程でもない細々とした事をfacebook PageにUPしています。“いいね”を押して下さいね♪
それからインスタもたま~にUPしています。@takeshinishitani

にほんブログ村 犬ブログへ
blogランキングUPにご協力下さい!是非是非ニコのお鼻をポチっとお願いします<(_ _)>


<イベント出店情報>
10月22日(日)兵庫県神戸市 六甲山カンツリーハウスで開催される「一緒に Happy Marche」に出店♪
10月29日(日)長野県飯田市 「天龍峡ドッグマルシェ」に出店♪
11月3日(金・祝) 大阪府堺市ハーベストの丘で開催される、わんわんペットDAYに出店♪
11月4日(土)静岡県富士宮市 朝霧Field Dogs Gardenさんで開催される「第14回FDGフリマ」に出店♪
11月11日(土)岡山県岡山市 サウスヴィレッジ 芝生広場で開催される「しっぽいちVol6」 に出店♪
11月19日(日)岐阜県土岐市 テラスゲート土岐 第2駐車場で開催される、「Animal party PREMIUM」に出店♪
12月3日(日)名古屋周辺で出店予定です♪
12月10日(日)兵庫県神戸市 神戸ポートアイランドで開催される、「わんわんマルシェVol.17」に出店予定♪
12月17日(日)愛知県半田市 半田赤レンガ建物で開催される「わんマル半田Vol.7」に出店♪

※詳細についてはコチラの記事をご覧下さい。
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 革首輪工房 with Dogs. all rights reserved.