FC2ブログ
革首輪工房 with Dogs
革首輪工房 with Dogsのblogです。ハンドメイドの革製リード・首輪・チョーカー・鑑札入・迷子札を作っています。公私混同のblogですので、製作事例・商品について・イベント情報などは、左のサイドバーの「カテゴリー」からご希望の項目を選んで見て下さいね。
宣言します!
今日2回目のエントリーです。よっぽどお客様が少ないのでしょう

とあるお客様のブログのリンクから、とあるゴールデンの闘病記を読みました。
目はウルウルとしましたが、一滴もこぼれる事はありませんでした。
もうこれでかなりの自信がつきました。

親しいお客様にはお話をした事なのですが、ここで宣言しておきましょう。
私はチロが亡くなってもペットロスにはなりません!


話をしたほとんどのお客様は「ハイハイ」って感じで受け流してくれます

まぁ確かに、そんな事を言っても信じてくれないでしょうね。
私は誰が見てもメチャクチャペットロスに陥りそうなタイプの人間ですから。



2年半前にチロは鼻の癌だと誤診されました。
結果的にはただの鼻炎だということになったのですが、その当時はかなりショックを受けました。

でまぁ、こんなことじゃイカン!と思ったのです。
それからは絶えずチロが亡くなった時の事を考えて、シュミレーションするようにしたのです。
そして、その最後に『チロは幸せだった』と思うようにしたのです。

以前はTVで亡くなったワンちゃんのお話や、ネットで闘病記などを見ると号泣していたのですが、最近はそのワンちゃんの事を考えたら、それなりにウルっとは来るけれど、以前のようにチロに置き換えて号泣する事は無くなりました。

一部の人には『一滴も涙を流さない』とか、『全く落ち込まない』なんて言いましたが、さすがにそれはウソです。それなりに泣くでしょうし、1週間やそこらは落ち込むと思います。
でも、必ず『チロは幸せだった』と笑って見送れる、そんな自信が有るのです。

今日見たHPに『千の風』の歌詞が載せられていました。

 私のお墓の前で 泣かないでください
 そこに私はいません 眠ってなんかいません

 千の風に
 千の風になって
 あの大きな空を
 吹き渡っています

素敵な詩ですね。千の風になったと思えば全然悲しいことでは無いと思うのです。

ただね、これは“チロ限定”の話です。チョビはまだまだ先の事だと思っているので、そんなシュミレーションはしていません。もし今チョビが亡くなったとしたら・・・、当分は立ち直れないだろうと思います。

当店手作りのX'masケーキとおせちの予約受付中!

にほんブログ村 犬ブログへ
ランキング参加中。ポチっとお願いします<(_ _)>
スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 革首輪工房 with Dogs. all rights reserved.